ニキビの治療

医療器具

思春期に顔や背中にできやすいニキビは、アクネ菌などの感染症です。ニキビは赤い腫物が出来て膿が出ると穴ぼこを作ることがあり、それがニキビ跡として残るため、治し方も大切です。ニキビが出来ても爪で潰したりせず、洗顔で丁寧に洗って肌を清潔に保つこと、抗菌成分を含んだ軟膏やクリームで保護しながら治すことが求められます。 それでもできてしまったニキビ跡には、リプロスキンの使用が勧められています。リプロスキンは、肌のターンオーバーを促してニキビ跡を薄くする化粧水です。すぐに効果は現れませんが、数か月根気よく使い続けるとニキビ跡が薄くなって、しかもニキビの再発を予防することができます。確実な効果が出る60日まで返金保証があり、試しやすい制度も充実しています。

リプロスキンの他にもニキビ用の化粧品は沢山ありますが、ニキビ跡に特化した化粧品はリプロスキンだけとなります。しかも赤い穴ぼこタイプだけでなく、黒ずんだニキビ跡にも効果を示す優れものです。 ニキビで出来てしまった傷を治すのは、美容外科の専門分野でもあります。美容ケアを受ける年齢が低年齢化して、学生も美容外科で治療を受ける時代になっており、若い方向けのサービスも充実してきています。一般的なレーザー治療から、肌のターンオーバーを促すケミカルピーリングまで、肌を奇麗にするプロフェッショナルが行うケアは抜群の効果を示します。スペシャルケアを美容外科で受けて、自宅でリプロスキンなど手軽にできるスキンケア商品を用いると、ニキビ跡の治りも倍以上の効果が見られます。